手紙を書くブログ

自分自身のために、自分以外の誰かのために、手紙を書くブログ


2015年09月

 

きっと近づきすぎたら、

色んなものが見えて嫌になってしまうんじゃないかな。

 

それで何度も失敗して…。

 

やっと最近になって上手に(と言えるか分からないけど)

人との距離を取れるようになったよ。

 
自分の心の奥に何があるかなんて、
自分だけが知っていればいいんじゃないかな。
 
たまに心を許せる人に
チラ見せするくらいでいいんじゃないかな。
 
自分が自分の1番の理解者であり、味方。
だから、自分のことを受けとめて、
自分のことを大切にしよう。
 

 

自分の人生は、自分が生きる。

他の誰かが代わりに生きてくれるわけじゃない。

だったら、自分の人生の舵取りは自分でしたいよね。

 

経験する1つ1つのこと。
自分が感じた世界。
それを他の人に言葉で説明するのは、難しいね。
 
他の誰が分かってくれなくても、
自分が感じて悟ったこと。
大切に心の中にしまっておこう。
 

 

大丈夫だよ。
自分で自分の価値を認めてあげよう。
 
誰かよりも優れているからといって喜んだり、
誰かよりも劣っているからといって悲しんだりしないで。
そんな風に自分の価値を決めないで。
 
今のままで素晴らしい。
自分の中のキラキラ光るもの。
ちゃんと、そこにあるよ。
 
世界にたった一人。
 
仕事の業務をあなたの代わりにできる人はいるかもしれないけど、
「あなた」という1人の人間の代わりは、どこにもいないよ。
 

f:id:live-yourlife:20150904090844j:plain

 

 
 
 

 

心の中が、くもっていて、
どこに向かっているのか、
何のために生きてるのか、
分からなくなるときってあるよね。
 
きっと、みんな、あるよね。
 
もう何もかも、どうでもよくて、何もしたくない。
ただただ苦しい。ただただ悲しい。ただただ孤独。
そんな気持ちに、押しつぶされそう。
そういうときってあるよね。
 
今は、もう何も考えなくていい。
無理して笑顔を作らなくていい。
がんばらなくていい。
 
今は、少し休もう。
 

f:id:live-yourlife:20150901162713j:plain

 
大丈夫だよ。
ここは自分でいられる場所。
 
仮面をかぶらなくていい。
人の目なんて気にしなくていい。
 
 
目を閉じて、深呼吸して、
行きたい場所へ行こう。
遠い島の砂浜の上。
誰もいない野原の真ん中。
 
あお向けになって、風を感じよう。
時間を忘れて。
背中に背負った重荷を下ろして。
 
 
自分の身体を、自分の心を、
キレイなもので満たしていこう。
 
 

このページのトップヘ